VERTERE logomark

Reducing engineering to its fundamentals, to get you even closer to the original recording.

image VERTERE PHONO-1 MK II

PHONO-1 MK II

MC|MMプリアンプ

¥198,000 税込

2021年7月5日発売

トラジ・モグハダムのレコードへの愛は無限です。完璧なアナログ再生のために製作現場と親密な関係を築くだけでなく、自らレコードレーベルを立ち上げる情熱には凄まじいものがあります。しかし、その素晴らしい情熱によって得た経験や知識を、一部の人だけが恩恵を受ける価格帯の製品で具現化するのは、トラジの考えとは異なっています。確かにRG-1 PKG(1815万円 税込・予価)やSG-1 PKG(528万円 税込・予価)のようなハイエンドプレーヤーも発売しているVERTEREですが、トラジ自身はこう述べています。「RG-1レコードプレーヤーは確かに究極のアナログサウンドを追求したモデルではありますが、それは素材や生産にかかるコストを度外視したものです。しかし、その開発で得られた経験はMG-1PKG に全て注がれています。MG-1は他のアームに変更できないといった制約があるかわりに、パッケージとしての完成度を極限まで高めました。少しの妥協も許さぬ究極のアナログサウンドを目指す一部の人以外にとってRG-1、SG-1との差は金額ほど大きくありません。多くの人がMG-1 PKGで最高のアナログサウンドを楽しめるはずです。傑作とご評価いただいているTMS3(Touraj Moghaddam Signature 3)を超えるサウンドをMG-1 PKGが披露する事をお約束します。」

このように、トラジは手の届くハイエンドを無視する事はありません。MG-1 PKGや、完成度の高いその他のプレーヤー、カートリッジの真価を発揮させるためにトラジが設計したフォノアンプこそPHONO-1 MK2なのです。

image VERTERE PHONO-1 MK II

MC|MMプリアンプ PHONO-1 MK2は、あらゆる高品質なプレーヤーから、最大限のダイナミックレンジと最高のディテールを引き出す工夫が盛り込まれています。フォノステージの設計は非常に難しいものです。回路は通常1mVといった微細なカートリッジ信号を扱う必要があり、オリジナルの音楽を忠実に再現するためにはその小さな信号を1000倍に増幅し、正確なRIAAカーブに合わせてイコライジングする必要があります。PHONO-1 MK2は、10種類以上のゲイン設定によって、ほとんどのカートリッジに対しレベルを完璧に合わせることができます。また、15種類の抵抗値と9種類のキャパシタンス容量が設定でき、10k Hz以上の周波数特性を持つMMカートリッジにおいても、適切な周波数バランスを実現可能です。

コンパクトな主回路と最高品質部品の採用。PHONO-1 MK2の正確なRIAA回路は公差の少ない選別部品のみを使用する事で、ダイナミックレンジの最大化と細部の解像度を高め、洗練された自然な音色を実現しました。二重にシールドされた内部回路や、3ウェイのフォノ基板グランド・マネージメントスイッチにより、ほとんどすべての設置場所でアースに起因する「ハムノイズ」を最小限に抑えることが可能です。PHONO-1 MK2の細部へのこだわり、性能、設計の完成度は、はるかに高額な価格帯の製品にしか実現できていなかったレベルに達しています。
音に厚みがあり、ハイスピードでありながら色彩感豊かなサウンドはまさにトラジ・サウンド。手の届くハイエンドがここにあります。VERTERE PHONO-1 MK2は、同価格帯におけるフォノステージの基準を塗り替えるトラジ渾身のフォノアンプなのです。

金メッキ基板の採用

メインフォノ回路と電源トランスには、高品質な金メッキ基板を採用し、オーディオ信号への影響を最小限に抑えています。

また、選別された高品質な部品の採用や、音質にも優れたハンダを吟味して使用することで、長期間にわたって安定した性能を維持します。
自然故障に対する保証は安心の5年間。製品に対する自信の表れです。

image VERTERE PHONO-1 MK2 金メッキ基板



シールドメイン基板

RIAA回路とプリアンプ回路のアイソレーションを初代のPHONO-1よりもさらに高めるため、ステンレス製のシールドを採用しました。

すべての電源部品と回路は、メインカバーのシールド外にあり、信号経路から離す巧みな設計。小さな筐体を実現しながらも、音質最優先の設計です。

image VERTERE PHONO-1 MK2 シールドメイン基板



入力負荷の切り替え

本体底面に設けられたディップスイッチに簡単にアクセスできるようになっており、組み合わせによって左右チャンネル毎に15種類の抵抗値と9種類のキャパシタンス(静電)容量を設定できます。完璧なロードマッチングはMMとMC、両方のあらゆるカートリッジのパフォーマンスを最大限発揮するために非常に重要なファクターですが、PHONO-1 MK2はこの点も万全です。

ゲイン・セッティング

本体底面に設けられたもうひとつのディップスイッチによって10種類以上のゲイン設定が可能。
この設定により、システム内の異なるソース間でのレベル変化を最小限に抑え

image VERTERE PHONO-1 MK2

(本体底面に配置された、セッティング用のディップスイッチ)




シャーシグランド/PCBアーススイッチ

PHONO-1MK2の背面に設けられた3ウェイ・スイッチにより、プリアンプとシャーシを「ハード・グラウンド」、「グラウンド・リフト」、「ソフト・グラウンド」のいずれかで接続することが可能です。様々なハムノイズに悩まされる事の多いアナログ環境ですが、PHONO-1 MK2とメインアンプの間に発生するハムノイズの可能性を最小限に抑えることができます。

image VERTERE PHONO-1 MK2 PCBアーススイッチ



Specifications

型番 PHONO-1 MK2
タイプ MC/MM Preamplifier
ゲインセッティング 40.2dB ~ 62.8dB 14ステップ
入力インピーダンス 47kΩ(MM) / 78R to 47KΩ(MC) 14ステップ
キャパシタンス 100pF or 470pF (MM) / 100pF ~ 1.02uF (MC)  9ステップ
周波数特性 20Hz ~ 20kHz +/- 0.2dB
ノイズ < -78dB – AWD
THD-N 0.03%/td>
サイズ W210×H55×D235mm(スイッチ類、脚部含む)
重量 2.00kg /台